ギフト,きざむ,お箸,hawaiikona.cc,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 箸・カトラリー・ピック,ペア,セット,ふくろう雑貨,感謝を込めて,若狭塗,ぷくまる,夫婦,/glairiness1405274.html,3102円,箸,縁起,2膳,ふくろう,梟 ギフト,きざむ,お箸,hawaiikona.cc,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 箸・カトラリー・ピック,ペア,セット,ふくろう雑貨,感謝を込めて,若狭塗,ぷくまる,夫婦,/glairiness1405274.html,3102円,箸,縁起,2膳,ふくろう,梟 きざむ 若狭塗 梟 ふくろう ぷくまる 新作 人気 縁起 箸 夫婦 ギフト セット 2膳 お箸 ペア ふくろう雑貨 感謝を込めて 3102円 きざむ 若狭塗 梟 ふくろう ぷくまる 縁起 箸 夫婦 お箸 2膳 ペア セット ふくろう雑貨 感謝を込めて ギフト ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 箸・カトラリー・ピック 3102円 きざむ 若狭塗 梟 ふくろう ぷくまる 縁起 箸 夫婦 お箸 2膳 ペア セット ふくろう雑貨 感謝を込めて ギフト ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 箸・カトラリー・ピック きざむ 若狭塗 梟 ふくろう ぷくまる 新作 人気 縁起 箸 夫婦 ギフト セット 2膳 お箸 ペア ふくろう雑貨 感謝を込めて

きざむ 若狭塗 梟 ふくろう ぷくまる 新作 人気 縁起 箸 夫婦 《週末限定タイムセール》 ギフト セット 2膳 お箸 ペア ふくろう雑貨 感謝を込めて

きざむ 若狭塗 梟 ふくろう ぷくまる 縁起 箸 夫婦 お箸 2膳 ペア セット ふくろう雑貨 感謝を込めて ギフト

3102円

きざむ 若狭塗 梟 ふくろう ぷくまる 縁起 箸 夫婦 お箸 2膳 ペア セット ふくろう雑貨 感謝を込めて ギフト


商品の説明

ふくろう箸ペア

ペア箸

桐箱には、「感謝を込めて」とお花のモチーフの印字入りです。

縁起の良い鳥ふくろう

日本はもとより、海外でも

「学芸と知性をつかさどる鳥(ギリシャ神話)」

「先見の明を持つ賢い鳥(イソップ物語)」

西洋では「知恵と信頼のシンボル」

韓国においては、「招福の神」であり、

家毎に フクロウ・ミミズク型の貯金箱を置いており、

日本の「招き猫」的な存在となっています。

若狭塗

若狭塗は小浜藩の御用塗師「松浦三十郎」が支那漆器の一種存星をヒントに、
海底の様子を意匠化して考え出したのがはじまり。

 江戸中後期にかけては若狭塗の黄金時代で、
箔押し研出し技法(青貝・卵殻)、螺鈿以外にも蒔絵の技法も併用され、
200種以上にも及ぶ塗手法が完成されていたと言われています。

※螺鈿(らでん)… 貝殻の内側の光る部分を花鳥等の形に切って磨き、
漆器などの面にはりこみ、飾りとするもの。

※蒔絵(まきえ)… 漆で絵を書き、乾かないうちに金銀の粉をつけて、
のちに磨いて光沢を出したもの。

きざむ 名入れ 箸 銀舞桜 22.5cm 若狭塗 桐箱入り ペアセット 紫 × 緑 きざむ 名入れ 箸 銀舞桜 22.5cm 若狭塗 桐箱入り ペアセット 青 × 紫 きざむ 若狭塗 ふくろう 縁起箸 (アイボリー) きざむ 若狭塗 ふくろう 縁起箸 (ブラウン) きざむ 有田焼 粉引 茶碗 ペア セット ギフト 母・父 きざむ 有田焼 粉引 茶碗 ペア セット ギフト じ(じぃじ)・ば(ばぁば)
きざむ 名入れ 箸 銀舞桜 22.5cm 若狭塗 桐箱入り ペアセット 紫 × 緑 きざむ 名入れ 箸 銀舞桜 22.5cm 若狭塗 桐箱入り ペアセット 青 × 紫 きざむ 若狭塗 ふくろう 縁起箸 (アイボリー) きざむ 若狭塗 ふくろう 縁起箸 (ブラウン) きざむ 有田焼 粉引 茶碗 ペア セット ギフト 母・父 きざむ 有田焼 粉引 茶碗 ペア セット ギフト じ(じぃじ)・ば(ばぁば)

きざむ 若狭塗 梟 ふくろう ぷくまる 縁起 箸 夫婦 お箸 2膳 ペア セット ふくろう雑貨 感謝を込めて ギフト

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。